「買う前に《ちょっと考える》習慣を」

消費税のの値上がりはきついですね。
100円のものに対して8円、10円、と考えるのならまだしも、10,000円の物を買ったら、800円、1,000円も余計に払わないといけないなんて、大変です。

増税、物の値上げ、不景気の世の中ですから、上手に、賢い買い物をしていきたいですが、たとえば車や家、その他高価な物であれば、かなりの時間をかけて、十分な吟味の末、買い物に至る・・・という流れだと思います。
でも、自分の経験からすると、意外と、普段の細かい小さな買い物に関しても、よく考えないと、あとで計算してみると結構な金額の損をしていることがわかります。

例えば、スーパーマーケットに行って買い物をしたとします。
チラシにのっている安い商品がたくさんあります。でも、安いからといって、必要のないものまで買ってしまった経験はありませんか?
それから、わたしがよくやってしまうのが「ついつい半額シールが貼られた商品を買ってしまう」ということです。

もちろん、お買い得のものもあります。通常の値段なら普段はちょっと買えないけど、半額なら買ってもいいかな、というものや、季節商品の商品の入れ替えなどで、今はもう使わないけど、来年使おうかな、などという物もあります。
例えば、冬の終わりに半額になっていました。今年はもう使わないけど、また来年使えますよね。
そのように上手に買えば、本当にお買い得ですし、節約になります。

でも、例えば、賞味期限切れが近い商品が半額になっていて、「あ、安い」と思ってつい買ってしまい、いざ食事の支度をし始めると、今日は使わないから明日使おう、ということになって、また次の日もそれと同じことをしてしまい、結局、賞味期限が切れてしまい、ゴミ箱行き・・・ということに。
たとえそれが、ひとつ数十円、百数十円のものであっても、そのようなことをしょっちゅう繰り返していたら、本当にもったいないですね。
わたしは時々、豆腐や野菜などの生鮮食品をそのように買って、ついつい無駄にしてしまったことが何度もあります。それよりだったら、通常の値段で買って、きちんと食べてあげたほうがよっぽどいいと思います。

それで、最近は、「買い物かごに入れる前に、ちょっとだけ考える」という習慣を身につけるように意識しました。
「ほんとうにこれは、今日か明日、必ず使うか?」
「この食材に合った他の食材や調味料は家にあるか?」
などです。
少し立ち止まって考えるだけで、本当に必要なものかどうかが分かりますし、無駄な買い物が避けられますよ。

こんな時代ですから、1円でも10円でも、大切に使って賢いお買い物をしたいですね。

seoでお悩みなら千葉に特化した業者はいかがでしょうか

野球ゲームならバンダイナムコの【プロ野球MAX 2012】

大阪の債務整理相談所

Search Engine Optimization

seoはじめるなら東京に密着した会社がおすすめです